塾で英語を習おう|苦手科目を克服するには

応用力を身につける

先生と生徒

表現をする能力

中学受験をするときには入学試験を受ける必要があります。中学受験においてはそれぞれの学校ごとに独自の問題を作っていることが多いので、入学試験において合格の成績を得るためには学校ごとの入試傾向に合わせてする勉強法がポイントになります。その中でも近年注目をされているのが表現力をつける勉強法です。最新の学習指導要領では表現をする力を伸ばすということが重点項目に盛り込まれており、私立中学においても表現をすることができる能力を有している児童を集めようとしています。このため、中学入試の試験内容にも表現力を問うような問題が数多く出題される傾向があるので、事前にしっかりと勉強をしておく必要があります。表現力をつけるといっても勉強法は色々とあります。例えば、文字で表現をしなければいけないようなケースにおいては、たくさんの文章を書くことだけでなく、優れた文章を読むことも大切な勉強法です。中学受験においても小論文が出題されることが多くなってきているので、小論文の書き方はしっかりとマスターしておく必要があります。小論文ではテーマが指定されることも多いので、時事的な問題や流行のニュースといったことにも敏感になって位おくことが大切です。もう1つ中学受験において多い試験内容が面接です。面接でも表現力が問われることになります。面接内容は学校によって異なりますが、最近の流行りとしてはパソコンを利用してプレゼンテーションをすることを取り入れているところもあります。