塾で英語を習おう|苦手科目を克服するには

大きなメリット

婦人

在学期間が通常の大学よりも短いとされるのが短期大学です。通う期間が短い分早く社会に出られますし、経済的負担も少なくて済みます。また、資格や免許を得られる短期大学もありますし、卒業してからも新たに別の学校へ編入して勉強することもできます。

受験で大きな力に

英語

大きな軸として

大学受験が近づくにつれ、志望大学を定めていく段階では、全国の大学受験をする上で必要となる共通の試験はもちろんですが、各大学の二次試験の必須科目を確認しておく必要があります。このときに気が付くことは、文系、理系ともに、ほとんどの大学で英語が必要になるということです。国語、社会、理科といった科目は、対象科目となっていない、という場合は多々ありますが、英語に関してはほぼない、といっても過言ではありません。それほど重要な科目である英語ですが、どのように勉強をすると確実に身に付くかについては、各自に任されている部分があります。そのため、特に難関大学を目指すような場合、学校の授業だけでは十分な成績を獲得することができずにいる人も少なくなく、成績上位者の多くは、学校とは別に塾に通っているものです。語学は、慣れることで聞いたり、話したりできるようになる、ということは事実ですが、受験で勝ち抜くためには、受験のための勉強をしておくことが必要です。塾では、こうした受験対応の英語力をつけることを中心に指導が行われており、丸暗記だけではなく、すべてに通用する英単語の発音の法則、文法などを特に重点的に教えています。優秀な塾を選ぶ方法としては、毎年確実に難関大学へ生徒を送り出していることは、重要なポイントとしてチェックすることが大切です。また、その塾生の進学状況として、理系、文系のどちらにも進んでいることは、英語の成績がよかったことの裏付けとして考える事もできます。

応用力を身につける

先生と生徒

中学受験においては応用問題が多く、特に最近では表現力を問う問題が多く出題される傾向にあります。このため、表現力を磨くことができる勉強法が大切です。文字、言葉の両方で表現することができる力あるとよいです。

将来に備えたい

先生と女の子

中学受験の準備は小学生の段階で始めます。学校の勉強は全ての生徒に同一の内容を教えますが、岡山で塾に入れば個に応じた学習ができます。子供が特定の教科に躓いている場合は個別指導の学習塾で勉強した方が、問題を乗り越えやすいでしょう。